Marketing Automation

コンテンツを有効活用するための「リソースセンター」とは?設計、活用方法を解説

               

インサイト一覧

BtoBマーケティングが日本でも浸透するにつれ、ホワイトペーパーなどのダウンロード資料を作成しメール配信で展開するといった方法でリードナーチャリングに取り組む企業が増えてきました。 

一方でこうした活動を進めるなかでは、「ダウンロード資料を掲載したページが増えるにつれて気づけば数回利用したきりで放置していることが散見されるというコンテンツのサイロ化が少なからず発生するものです。 

実はこうしたコンテンツは、Webサイト上で集約すれば顧客にとっても自社にとっても新たな価値を生み出す仕組みである「リソースセンター」を構築できます。 

そこで本稿では、リソースセンターについて、概念や導入メリットMAを利用した際の効果を説明したうえで運用に必要な3ステップを解説します。 

マーケットワンで実際に制作プロジェクトを担当した筆者が、具体的な実例も交えてご紹介しますので、お役立てください。

リソースセンターは過去コンテンツを孤立させないための仕組み 

メール配信をはじめとしたリードナーチャリングは、BtoBマーケティングで重要なデマンドジェネレーションの基本的な考え方でも解説しているとおり、顧客側の関心が高まるフェーズになるまで顧客接点を保ち情報交換を続けていくための、デマンドジェネレーションにおける重要なステップです。 

メール配信などのナーチャリングキャンペーンでは、見込み顧客の関心に合わせたセグメントを対象として、いわゆる刺さるコンテンツにフォーカスした施策がおこなわれます。 

そのためLP(ランディングページ)では特定のコンテンツのみを取り扱っていることに加え、離脱を防ぐ意図もあって他のページやコンテンツへの動線は意図的に取り除かれているケースが多々あります。 

つまり再配信などの施策をおこなわない限り同じコンテンツが再び日の目を浴びることは稀なのです。これでは、施策を重ねるほどに増えていくコンテンツを網羅して活用し続けることは、経年とともに困難になっていくでしょう。 

このように、「利活用の流れから取りこぼされやすい貴重なコンテンツ=資源(リソース)新たな価値を付加していく仕組みがリソースセンターです。 

Marketoの共同創業者であるJon Miller氏の記事1によると、リソースセンター の定義について、以下のように述べられています。

a section of your website where you can organize and publish your content in a way that makes it easy to find and share the content they need”
利用者が必要とするコンテンツを簡単に探して共有できるようにするために自社側でコンテンツを整理し公開したWebサイト上のセクション(筆者訳) 

上記の“コンテンツには、ホワイトペーパーに限らず、たとえばウェビナー動画やインフォグラフィックのような画像、ヘルプガイドなど、さまざまなタイプの媒体が含まれます 

日本ではリソースセンターの名前こそ浸透の前段階ですがいわゆる「お役立ち資料」「資料ダウンロードといった、各資料のLPへのリンクをコンバージョンポイントとして設置する施策は多くの企業によって実施されています。 

リソースセンターについて、メリットを「利用者顧客)視点」「自社視点」で整理すると以下のようになります。 

  • 利用者(顧客)のメリット :複数のコンテンツを1か所で見られるため必要な情報を簡単に取得できるなど、利便性が高い  
  • 自社のメリットコンテンツがより多くのユーザーの目に触れる機会を得られコンテンツ間を横断したシナジーが生まれやすい  

Webサイトの訪問者にとっては、特定のコンテンツに惹かれてリソースセンターに来訪した際に、他にも異なる内容を取り扱ったコンテンツをまとめて目にする機会を提供できます。 

それらのコンテンツのなかに“追加”で興味関心を誘発するものが見つかれば、大量の情報から自力で取捨選択せずにその場で手軽に情報収集が可能です。 

他方で自社にとっては、これらコンテンツの受け皿としてリソースセンターのセクションを設ければ、そこを基点にした回遊の動線が生まれるという恩恵が得られます。 

たとえばメール配信や広告施策などの別のマーケティング施策と併用すれば1つのコンテンツをきっかけにユーザーが回遊する機会が増え相乗効果を狙っていけるでしょう。 

 

リソースセンターとMA活用 

以上のとおり、リソースセンターを活用すれば自社だけでなく、顧客視点での恩恵があります。ここで、企業がリソースセンターを運用するうえで重要となるのがMA(マーケティング・オートメーション)の活用です。 

MAを用いたリソースセンター運用について理解するための前提として、まずは企業のマーケティング活動で利用されるWebサイトを、コーポレートサイト」「マイクロサイトに分けて整理します。 

コーポレートサイトは一般的に、コーポレートレベルで管理された企業の顔となるWebサイトです。たとえばmarketone.comのような単一のドメイン上に、企業情報や製品・サービス情報などのページが設けられた構造を採ります。 

一方でマーケティング活動においてはengage.marketone.comのようなサブドメインを利用したマイクロサイトを設け、その上にMAなどを利用してランディングページを設置するケースも多々あります。 

コーポレートサイトとMAで管理したマイクロサイトをそれぞれ利用してリソースセンターを設置した場合のメリットとデメリットを比較すると、以下のとおりです。 

コーポレートサイト MAで管理するマイクロサイト
メリット企業単位で統一されたドメインのため、SEOなどの相乗効果を得やすい マーケティング主体で管理されており、企画・運用が比較的おこないやすい
デメリットコーポレートレベルで管理されており、マーケティング部門の一存では企画・運用できない場合があるコーポレートサイトとはドメインが異なるため、SEOなどの相乗効果を得にくい

コーポレートサイトの場合、特に規模の大きな企業となるほどサイトの想定利用者が取引先(顧客)だけでなく投資家や求職者など、あらゆるステークホルダーが含まれます。すると必然的に社内の関係者も多くなり複数部門を跨いだ内容確認や承認、スケジュール調整が何度も生じかねません。 

リソースセンターは立ち上げて終わりではなく、コンテンツの増加に合わせて継続的に更新していく必要があります。追加更新のたびに確認・調整工数が発生することは常に複数タスクを兼務し多忙を極めるマーケティングや運用担当者にとっては可能な限り避けたい状況といえるでしょう。 

この点においてMAを利用しマイクロサイトにリソースセンターを設置した場合マーケティングが管理・運用を担当している場合が多いため、(一部でコーポレート側の承認が必要なことは想定されるもののより小回りが利く運用が可能になりやすいといえます。 

SEO観点でのデメリットも存在するものの自部門で裁量を持って管理ができる環境は長期的な視点で無視できないメリットです。そのため、更新が停滞して本来の目的であるコンテンツ利活用が損なわれる状況を回避するためにも、MAは重要な選択肢としてあがるでしょう。 

 

リソースセンター制作・活用の3ステップ 

ここからはM1が実際に自社で立ち上げたリソースセンターコンテンツ一覧を実例に、リソースセンターを制作し活用する際の流れとその注意点を下記3ステップに整理解説します。 

  1. 企画・設計 
  2. 実装 
  3. 運用 

コンテンツを有効活用するための「リソースセンター」とは?設計、活用方法を解説

 1.企画・設計 

プロジェクトの目的とその背景の整理(企画)から、サイトの要件仕様の作成(設計)までのステップです。この工程は、リソースセンター制作において、最も注意して十分な時間をかけて進めるべき段階といえます。 

MA(マーケティングオートメーション)で自動化を果たすための3つのポイントでも書いているように、マーケティングではそもそも何のためにそれを行っているのかというビジネス上の大目的が非常に重要です。 

もともとマーケットワンでも冒頭の例に漏れず既存のホワイトペーパーが散在し活用されていないという課題がありしたそこで「既存資料を集約し活用できるWebサイトを作る」という施策レベルの目的を踏まえつつチーム内で下記のようなビジネス背景などの大目的を整理することで、リソースセンターを構築しています 

<ビジネス背景の例> 

  • フォーム提出者の情報をもとに営業でリードフォローをおこなう際に「このリードはどの資料をダウンロードしたか(何に興味があるか)」を参照できる必要がある 
  • 営業へのリード受け渡し時に、マーケティング側でリード情報をマニュアル加工する手間を可能な限り減らさなければならない 

通常、MAで取得したリード情報は資料ごとつまりLPのフォームごとにシステムでまとめられますそのため取得できる情報は「この資料をダウンロードしたのは誰か」が軸であり、各リードの行動全体を追うには、個別のリード情報を掘り下げて取りまとめる必要があります。 

そういったビジネス背景を踏まえた要件定義の例としては、以下のとおりです。 

<ビジネス背景を踏まえた要件の例> 

  • フォーム提出者の情報をユーザー情報 × ダウンロードした全ての資料でまとめたレポートが自動で作成される 
  • レポートが関係者へ定期的に自動送信される 

このように、要件を明確にしておくことで、具体的な仕様作成をすぐに開始できるほか、意図と異なる仕様や取りこぼしの発生を防げます。 

なおこれらのビジネス背景や要件は後の工程で重要となるため、資料としてまとめておかなければなりません。 

詳細は割愛しますが、マーケットワンでは「要件定義書」として、プロジェクト背景から要件や仕様、他のプロジェクトへの影響などをまとめた資料を作成する取り組みを実施しています。 

リソースセンターに限らず、施策はあくまで手段であり、達成すべきビジネス上の大目的のためのもの目指す姿をしっかり捉えたうえでチームや社内の関係者と十分に協議し、合意した内容を明確に要件と仕様に落とし込んでいくことが不可欠なのです 

実際に筆者がクライアント業務と並行しながらプロジェクトを遂行できたときは企画が不十分なために生じる手戻り工数がほとんど発生しなかったと記憶しています 

 2.実装 

1.企画・設計」で作成した仕様をもとに実際のサイトを制作し公開するまでのステップです一般的にサイト制作は協力部門に依頼することが多いため自社では全体のスケジュール調整や納品されるアセットの検収を担当することが主となるでしょう 

このステップの注意点としては、1の段階で作成した要件や仕様などを明文化していないと、サイトが意図どおりに実装されているかどうかの判断が困難となる点です 

こういったトラブルを回避するためにも、実装する仕様内容をドキュメント化した仕様書のような資料は必ず用意しておくことが推奨されます。 

 3.運用 

リソースセンターの公開後、コンテンツ追加などの継続的な運用と活用の段階です。 

最後となるこのステップでは、獲得したリードの営業によるフォローからサイト利活用のための施策やコンテンツの追加、分析によるPDCAなど、継続的な運用に関わるさまざまな事柄が含まれます。 

マーケットワンでは、先述した通り、獲得したリード情報を関係者宛てに毎日自動配信できるようあらかじめ設計しています。それにより、日々の手間をかけることなく営業へ情報を受け渡すことが可能です。 

サイト利活用の促進の観点では展示会やウェビナーなどのイベントの後に、参加者へのフォローメール内でリソースセンターを紹介することも効果的です 

それにより、イベント参加直後で感度の高い状態のユーザーへのフォロー手段として有効活用が可能になります実際にマーケットワンでもマーケティングイベント後のメールをきっかけに多くのユーザーにより資料がダウンロードされたため、ほかの施策との相乗効果が得られたよい例といえるでしょう。 

このような施策ごとに効果検証をおこない最適化していくプロセスも忘れずに組み込むことが非常に重要になります。 

 

さいごに 

本稿では、リソースセンターとはなにか、また実際の制作・活用のステップと注意すべき点をマーケットワンの実例とともに解説してきました日本においてはリソースセンターという単語はまだ馴染みがないかもしれませんが、コンテンツを有効活用し“続ける”ための有用な施策です。 

前半でも述べたとおり、リソースセンターは、ただ制作しコンテンツを掲載するだけで終わりの施策ではありませんサイトを基点として自社のあらゆる施策と連動しマーケティング活動を支えるプラットフォームの1つとして活用していくことで真価を発揮する仕組みです 

リソースセンター実現のためには企画・実装に少なくない人的リソースが求められます。マーケットワンではリソースセンター構築も含めた、マーケティング活動全体の戦略設計を踏まえた企画策定からサポートいたします。 

M1のリソースセンター「コンテンツ一覧をまだご覧になっていない方は、ぜひこちらもご参照のうえ、お気軽にお問合せください 

 

メールマガジン登録

  1. How to Create an Amazing Content Resource Center[]